レンタルスペースと類似サービスの事務所利用を推進するビジネス情報サイト

>

レンタルスペースや類似サービスによる事務所の設立法

類似サービスとレンタルスペースの比較

レンタルスペースのコンセプトが一定の需要を得たことで、レンタルスペースの市場規模は拡大しており、業務利用できるレンタルサービスは細分化が進み、レンタルスペース以外にもコワーキングスペースやシェアオフィスといった、レンタルサービスに類似したコンセプトのレンタルサービスが派生しました。

それぞれのサービスを比較してみると、レンタルスペースが法人や個人を対象にパーティーやセミナーの会場として貸し出すサービスであるのに対し、コワーキングスペースはフリーランスの個人事業主をメインに広めの作業スペースを提供すると共に同業者や他業種の個人事業主との情報交換の場としての機能も持ち、シェアオフィスはコワーキングスペースと似通っているものの、複数のブースに区切られ仕事に集中しやすい環境づくりが試みられたサービスとなっています。

現在開業時に選択可能な事務所の形態

メジャーな賃貸事務所や自宅兼事務所を除く事務所の新形態は、固定のオフィスは持たず実在の在地に住所・電話番号などをレンタル登記する、フットワーク重視の企業家に適したバーチャルオフィス、他の事業主と業務スペース共有し、業務拠点の確保と人脈拡大を同時に狙えるコワーキングスペース、コワーキングスペースとほぼ同様ながらブースの形で区切られているため業務に集中しやすいシェアオフィス、コワーキングスペースやシェアオフィスとほぼ同様のサービスを提供するレンタルオフィスなどの形を取ります。

ただ、実質的にコワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィスにはほとんど差が無いため、バーチャルオフィスにコワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィスを加えた二形態が事務所の新形態となり賃貸や自宅兼事務所を加え、四つの事務所形態が選択肢となるでしょう。


TOPへ戻る