レンタルスペースと類似サービスの事務所利用を推進するビジネス情報サイト

>

就労スタイルの多様化に起因する事務所形態の変化

レンタルスペースのサービス形態

レンタルスペースは法人や個人を対象とした会場提供サービスとでもいうべきサービスの一種で、法人が従業員を対象として行う講習・セミナー・研修などの用途での利用や、個人が冠婚の二次会や大人数での誕生日会を行うパーティー会場、サークル活動や小規模な展示会等のための会場利用を目的としての利用が想定されており、法人重視の経営を行う業者もあれば個人重視の経営を行う業者もあるなど、用途の多様さと同様に、業者ごとの経営方針も様々なようです。

一般にレンタルスペースの強みは、レンタル期間が一時間単位からであるため、目的によって会場費用を安上がりに抑えることができる点に加え、都心部であれば様々な場所に点在することから、参加者の移動手段を考慮した会場設定が比較的容易である点、業者次第で、一定の事務設備や音響設備の利用も可能な点が挙げられるでしょうか。

事業を始める際の事務所利用もお勧め

通常、レンタルスペースの利用は会場利用を中心としたものになりがちですが、レンタルスペースの利用規約の範囲内に収まるなら、どのような形での利用も可能であるため、事務設備が整ったレンタルスペース業者を利用すれば、簡易的な事務所のように利用することも可能なので、独立したばかりの個人事業主や新規事業を立ち上げたばかりの事業主のようなフリーランスでの活動が中心となる事業主の場合、事務所を維持するための固定資産税を節約する意味でも、事務所機能が必要な場面にレンタルスペース利用する方が経済的かも知れません。

個人事業主として事業を立ち上げることを計画されているなら、レンタルスペースを利用することで、初期費用の抑制を狙ってみてはいかがでしょう。


TOPへ戻る